【第6回】オフショアの資産管理口座をご紹介します。

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 通常メルマガ(事例など)


こんにちは、河合です。

 

それではオフショアの資産管理口座をご説明します。

 

オフショアには約5万というオフショアファンドがあると言われ、それぞれ運用しているファンド会社が違います。

例えば先日ご紹介したMan社のファンドに投資すると、Man社の書類が必要になりますし、3Aというファンド会社の商品に投資すると、それまたそれで書類が必要です。

要は「1銘柄買うだけ」という方はそれ以上面倒くさがる必要はないのですが、「3000万円の資金をオフショアで分散投資したい」という方は、上記の通りそれぞれのファンドをばらばらで買っていると、かなりの手間になるのと、管理もしきれなくなります。

それをこの『オフショア資産管理口座』を作ることで、すべて一括して管理できるのです。

 

仕組みは簡単。資産管理口座を開設し、そこから預金、ファンド、株、債券などに各通貨から投資するだけです。

もちろん円預金もあります。

 

通常だと日本からファンド会社に送金していた手続を、この自分の管理口座に送金するだけ。

あなたの『オフショア資産管理口座』で着金が確認できると、好きなファンドに自由にアクセスできるようになります。

 

その他のメリットを簡単にあげておきますね。

 

1)送金が1回で済むので、手間と手数料が節約できる

解約する時も同じ。それぞれのファンドを解約して、その資金が『オフショア資産管理口座』の預金に入るので、

それを好きなだけ、 あなたの指定された銀行口座へ送金指示を出すだけ。

 

2)ネットでログインし、自分の資産が時価でいつでも確認できるようになる。

直接ファンドに投資すると、それぞれのファンド会社のHPへ行って基準単価をチェックしなければいけません。

この『オフショア資産管理口座』では、自動的にあなたが保有しているファンドの基準単価を反映し、

一目で今自分の資産がいくらか?というのを確認できるようにしてくれます。

 

3)ファンドの申込&解約の都度、書類を書くという手間が省ける。

すべて直接個別のファンドに投資をすると、その都度書類が必要になります。

 

 4)共同名義人が6名まで設定できる。

共同名義人は20才以上であれば設定できます。

奥様、お子さんと共同名義で設定して、何か起こった時に、すぐに引出しの手続ができるようにしておけます。

 

5)日本によくあるミューチュアルファンド(投資信託)はだいたい手数料ゼロで投資できる。

日本の証券会社や銀行でファンド(投資信託)を購入すると1.5~3.5%(税別)の購入手数料がかかります。

しかし国内にある程度のファンドであれば、オフショアで購入手数料ゼロで投資できます。

購入手数料ゼロであれば、すぐに利益ができますね。。

 

6)通常、直接投資できないヘッジファンドにも投資できる。

残念ながら個人投資家からの直接投資は受け付けていないオフショアファンドが多々あります。

しかしこの『オフショア資産管理口座』を使うことで、「機関投資家」枠から投資できるようになるため、投資できるオフショアファンドが限りなく増えます。

 

7)どの通貨での管理も可能(マルチカレンシー口座)。

あなたの銀行にある円預金からそのまま円で送金いただければ、『オフショア資産管理口座』の中で、ドルやユーロなどあらゆる通貨に簡単に転換できます。

といっても、円、ドル、ユーロ辺りの通貨があれば十分かとは思いますが。。

 

もちろんこれらのメリットを受けるために費用もかかります。

その辺りはメルマガよりもわかりやすい資料がありますので、ご興味ある方はこちらまでご連絡ください。

 

最後にまとめておきますが、この『オフショア資産管理口座』をすべきなのは、

 

・長期投資をお考えの方

・1500万円以上の運用をお考えの方

・円以外の通貨も持ちたいという方

 

です。以上3つ全てに該当する方は、皆さん『オフショア資産管理口座』をご検討する妙味が大いにあります。

あなたはどうですか?

 

次回は日本にはない海外の『積立投資』についてご紹介します。

30代、40代の方必見ですよ。。

 

 

※本メルマガ登録(無料)はこちら

 

関連記事

【第255回】投資資産の見直し(Hansard Aspire、田中貴金属、ブラジルレアル債ファンド、レジェンドイーグル)から、140%元本確保型積立投資を月20万円始められた事例です。【兵庫県 会社経営者 40代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日は現在投資中の資産(投資、保険)を全部伺った上で、私から見直しのご提案をし

記事を読む

【第42回】5000万円一括のオフショア投資の事例です。【北海道 会社経営者 60代前半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は地方にお住まいですが、海外の不動産を所有されてい

記事を読む

【第181回】学資保険を止め、年6%固定金利ファンドを始めた事例です。【岐阜県 会社員 40代前半 女性】

こんにちは。河合です。 本日は日本の保険会社でしている学資保険を止め、先日本メルマガでもご

記事を読む

【第171回】香港個人ツアー、ハンセン銀行口座開設事例です。【埼玉県 自営業 50代後半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は香港へ渡航されてハンセン銀行の口座を開設された事例をご紹介します

記事を読む

【第5回】ヘッジファンドの種類と役割です。

こんにちは、河合です。   今回はヘッジファンドの種類をご紹介しますが、 その前

記事を読む

【第136回】香港個人ツアーに来られた方の成果報告です。【滋賀県 住職 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。本日は香港の個人ツアーに参加いただいたクライアントの事例をご紹介します。く

記事を読む

【第13回】 7000万円をオフショア資産管理口座を介してオフショア投資した事例です。【ニュージーランド 会社員 50代前半 女性】

こんにちは。河合です。   それでは今までオフショア投資をされている方の「投資事例

記事を読む

【第25回】毎月30万円を海外で積立投資された事例です(ボーナス額:270万円)。【千葉県 会社経営者 30代前半 男性】

こんにちは、河合です。   本日は会社経営者の方の事例をご紹介します。 以前こち

記事を読む

【第21回】 お金のプロ(FP)が野村證券の取引をやめてオフショア投資をされた事例です。【神奈川県 ファイナンシャルプランナー(FP) 40代前半女性】

こんにちは。河合です。   本日はファイナンシャルプランナー(FP)の方の事例をご

記事を読む

【第17回】 「USD500(約5万円)の25年」の海外積立投資の事例です。【鹿児島県 公務員 30代前半 男性】

こんにちは。河合です。   それでは今回も『海外積立投資』をすでにされている方の事例を

記事を読む

  • 河合圭の無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
  • follow us in feedly
  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
PAGE TOP ↑