【第255回】投資資産の見直し(Hansard Aspire、田中貴金属、ブラジルレアル債ファンド、レジェンドイーグル)から、140%元本確保型積立投資を月20万円始められた事例です。【兵庫県 会社経営者 40代後半 男性】

公開日: : 通常メルマガ(事例など)

こんにちは。河合です。


本日は現在投資中の資産(投資、保険)を全部伺った上で、私から見直しのご提案をして、実際に行動された方の事例をご紹介します。
この方も最近私のゴールド会員になっていただき、私が直接アドバイスをさせていただきました。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。


【兵庫県 会社経営者 40代後半 男性】


投資と保険という風に金融の世界で商品は分かれていても、「お金」という意味では同じものです。
万が一の保障を用意するのが保険で、お金を増やしていくのが投資。
弊社ではその「お金」に関する悩みを誰でも気軽に相談できるような体制にしていて、それぞれ以下のヒアリングシートに入力してもらうようにしてます。

※投資ヒアリングシートはこちら(無料)
※保険ヒアリングシートはこちら(無料)

入力してもらうことで、全体を通して、何がその方にとって問題なのか?を把握し、何が必要なのか?を客観的にアドバイスすることができます。
結果、今持っているものを売却(解約)して何もしないアドバイスもしますし、目標を達成するためにはこれをした方がいい、というのを国内外すべての金融商品(株、債券、ファンド、保険)からアドバイスします。

この方の当時総額約5900万円を以下のように保有されていました(投資、保険分野だけで)。
それぞれの商品の下に私のコメントを書いてあります(→の後)。


Hansard(Aspire):470万円(月15万円を積立中)
→そもそもHansard社は手数料が高いので、リターンを出していくのが大変。停止措置をするか減額することで、その分を140%元本確保型積立投資などリターンが保証されながら更に増える見込みのあるものに切り替え。

田中貴金属(金積立):約70万円(月5万円を積立中)
田中貴金属(銀積立):約70万円(月5万円を積立中)

→金、銀などをリスクヘッジ資産として保有することは(特に積立で)、投資としては良い選択だけれど、現物はどうしても取得コストが高くなるため、ETFや海外積立投資で積立てていくことを提案。

日本株:20万円
劣後債(USD):約1123万円


ブラジルレアルパワーデュアル債:約606万円
ブラジルレアルゼロクーポン債:約975万円

→ブラジルレアルは通貨が安くなっているので、できれば長期的な資産としてUSDやその他通貨にして金利を取ることを提案(USDでも6~12%/年取れます)。

レジェンドイーグル:約471万円
→基準価額は上がっているけれど、これはファンドの運用がいいからというわけではなく、世界的株高で一緒に上昇しているだけ。年率平均リターン10.5%に対して、リスク10.9%というのは、決して効率の良い運用をしているという数字ではなく、海外では12%くらいのリターンに対し、リスク5%という数字が出ているので、そういったヘッジファンド、オルタナティブへ切り替えられることを提案。

キャッシュリッチファンド:約512万円
→個人的には日本株はネガティブに考えていますが、このファンドは日本のキャッシュリッチ企業を対象に株価が割安なものへ投資をするというバリュー投資をした結果、TOPIXよりも大幅に上回った運用をしているので良いファンドだと思います。日本株がまた下げトレンドになる前に利益確定をすることもできますし、日本株全体がまだ上昇すると思われるようならこのまま保有されてもいいと思います。

ニッセイ子ども保険:月15,000円
SONY生命(終身保険):約300万円(払済)
プルデンシャル生命(リタイアメントインカム):約600万円

→これは長くなるのでまた海外生命保険メルマガでご紹介します。


結果的にHansardは22,000円に減額。
田中貴金属も停止。今持っている分はそのまま保有して金、銀が高い時に売却。
ブラジルレアル関連は売却。

をされた上で、140%元本確保型積立投資を月20万円(1700ドル)始められました。
ご年齢的にも15年後の満期というのは60歳くらいで良い時期ですし、かかる手数料など関係なく元本+40%(140%)が投資リターンとして保証されている(その上でS&P500が上がればそちらをもらえる)というのは安心できていいと思います。

※140%元本確保型積立投資の詳細はこちら

今回積立部分の見直しが終わったので、あとは保険部分と一括投資部分を少しずつ見直していくことになると思います。

あとちょうど私がハワイにいる間に家族でハワイへ来られるそうなので、こちらでFirstHawaiianBankの口座開設に行ってきます。
いざという時の外貨での受け皿として使えると思います。

※『海外口座開設入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

関連記事

【第6回】オフショアの資産管理口座をご紹介します。

こんにちは、河合です。   それではオフショアの資産管理口座をご説明します。 &

記事を読む

【第165回】「海外積立投資」と「140%元本確保型積立投資」を比較して最終的に投資したのは・・・【茨城県 会社員 40代後半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は将来の年金をためるための2つのツール ・海外積立投資

記事を読む

【第234回】弊社パートナー不動産投資ブロガー紹介からのオフショア投資&海外積立投資事例です。【東京都 開業医 40代前半 女性】

こんにちは。河合です。本日は新しく弊社パートナーになられた有名不動産ブロガーからのご紹介で、オフショ

記事を読む

【第30回】 最年少(22歳)の海外積立投資の事例です。【北海道 会社員 20代前半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は私のクライアントの中で、最もお若い方の事例をご紹

記事を読む

【第254回】40代でハワイ移住を目標。投資から年1000万円の収入を作るためにオフショア投資を始められました。【神奈川県 外資系エンジニア 30代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日はオフショア資産管理口座を使ったオフショアファンドへの一括投資例をご紹介し

記事を読む

【第208回】香港渡航後、ポートフォリオ投資を実践された方の事例です。【愛知県 歩合制会社員 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。本日は香港でお会いしたクライアントがHSBC口座開設後、オフショア資産管理口座

記事を読む

【第246回】60歳以降の老後資金30万円/月を準備するために海外積立投資を始められた事例をご紹介します。【大阪府  会社員 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。本日は40歳前半の方が、老後資金で毎月30万円を使えるように、今から海外積立投

記事を読む

【第69回】国内大手証券会社の関連会社を定年退職された方のオフショア投資事例です。【東京 退職者 60代前半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は某証券会社の関連会社を定年退職されオフショアファ

記事を読む

【第26回】ご本人から家族の方(お母様)へご紹介いただいての海外積立投資の事例です。【大阪府 会社員 30代前半 男性】

こんにちは、河合です。   本日はご家族をご紹介していただけた方の事例をご紹介しま

記事を読む

【第7回】スイスのプライベートバンクをご紹介します。

こんにちは。河合です。   それではスイスのプライベートバンクをご説明します。前回

記事を読む

  • 河合圭の無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
  • follow us in feedly
  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
PAGE TOP ↑