【第275回】海外積立投資を2本されている方が、更にもう1本『160%元本確保型海外積立投資』を追加でされた事例をご紹介します。【東京都 損保勤務 40代前半 男性】

公開日: : 通常メルマガ(事例など)

こんにちは。河合です。


本日は久しぶりに海外積立投資の事例をご紹介したいと思います。
毎月始められる方はたくさんいるのですが、海外積立投資の場合なかなか今までの事例と違うものというのがなくて(笑)、事例紹介の回数が少なくなってきてしまいます。。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。


【東京都 損保勤務 40代前半 男性】


まずこの方の最初の印象は、損保にお勤めということもあり、よく考えられていて、将来の計画もしっかりと立てられている方でした。

以下、この方から最初にいただいた情報をそのまま見ていただきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
年収は約1,400万、その内約30%の420万を貯蓄しており、約190万が持株会、約50万が学資・年金、残り約180万は何もしておりません。現在資産は現金:300万、あと不動産です。不動産は自己資金と融資を用いて買い増してきました。今までは実物資産が中心です。
 
最近ようやく金融資産に目覚めまして、R社の海外積立投資と、I社の海外積立投資を上記に追加で始めました。この資金の出所は不動産投資によるものです。
 
自分の資産が円に偏っていたので、この2つの海外積立投資を始め、まだ毎年年間300万ぐらい余力があるので、ほぼ全てをFXでUSDを購入していきそれを追加投資したいと思っております。
 
海外口座は持っておらず、河合さんの資料を拝見し、せっかくなら一時的な海外口座ではなく、オフショア資産管理口座を作りたいと思っております。
 
ただそのためには自己資金が不足しているので、1年程度我慢してから始めようと思っております。
 
〇〇歳となる◯年後には必ずスイスプライベート開設へいきます。ご支援願います。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※海外積立投資の会社名、商品名、年齢のところだけこちらで修正しています。

これを弊社の投資ヒアリングシートに合わせて書いてもらっているわけでなく、ご自身でこれだけ最初から書けるわけですから、本当によく考えられている方だと思います。

さてこの状況からわかるのは、この方は不動産投資をされているので、その頭金などで現在持っている金融資産はそれほどありません。
オフショア資産管理口座USD30,000~(約330万円) or  USD 75,000(約840万円)ですし、持っている金融資産を全部運用にまわすわけにもいかないので、こちらはもうちょっと先ということになります。

そして現在の資産&収入状況から、◯年後にスイスプライベートバンク開設(最低預金額:5000万円)を目標となると、かなりのハイリスク=ハイリターン運用が必要となってしまいますので、そうならないよう一括投資のオフショア投資をされるなら、年10%程度の利回りを目標に、更に海外積立投資で効率良く資産形成をすることをご提案しました。

また現在2社で同じような海外積立投資(200本のオフショアファンドから選んで投資をするようなもの)をされていたので、リスクと保証の分散をするために元本確保型海外積立投資(20年満期、160%保証)も始められることをオススメしました。

ただこの2社の海外積立投資を始められた時のポイントとして、

「満了時に一括受取が必須でない商品が希望です。例えば年金受取だったり、定額引出だったり。つまり支払満了後も必要な額のみを引出、残高は運用を続けられる商品がないかと探しております。」

ということだったんです。
ただこれは実は勘違いをされていて(もしくはその始められた業者さんのリードが間違っていて)、実際には満期時にそのまま継続してミューチュアルファンドで運用しなくとも、その時点でオフショア資産管理口座など別口座へ移してそこからオフショアファンドで運用をした方が良いパフォーマンスとなりますので、弊社のクライアントはおそらく誰も継続して限られたミューチュアルファンドの中で運用する方はいません。
むしろ満期前に一部引出しをしてでも(ペナルティなし)、オフショアファンドへ切り替えることを希望されます(これは実際にされてます)。
 
200本という中で運用するのは、あくまで積立というプラットフォームを使いながらドルコスト平均法で投資できる先が多いから、というだけです。
満期時、もしくはある程度まとまったお金が溜まった後にもその運用を続けるメリットはありません。
(これは私は7年前から言い続けてるので、弊社で海外積立投資を始められた方はご存知でしたかね。)

最後に追加で3点ご質問いただいたことを皆さんにもシェアしたいと思います。


1)特に資産配分とかを考える必要はない商品ですよね?
→はい、S&P500だけですので必要ありません。それも楽でいいですよね。
(S&P500自体、S&P社が定期的に500銘柄の組み換えをしてくれていますし。)

2)ボーナスメリットを生かすためには、金額であったり、期間を増やすことで得られるものはございますか?
→ロイヤルティボーナスが10,15,20年時点であるので、期間は20年がいいですし、金額もずっと続けられる方がいいですよね。

3)元本確保、一方カウンターパーティリスクはどのように理解したらよろしいでしょうか?
 →元本確保部分を受け持っているのは、HSBC、ドイツ銀行、バークレイズ、CITI、モルガン・スタンレーとなり、彼らが倒産した場合には、元本毀損リスクが有るということです。
名前を見て分かる通り、その状況はなかなか考えられませんよね。


結果的に、

160%元本確保型海外積立投資:375ドル × 20年

を始められました。
ちょっと長くなりましたが、しっかりした方とのやり取りだったので、参考になったのではないでしょうか?

関連記事

【第170回】毎月1125ドル(約14万円)の海外積立投資を4つ同時に始められた理由とは?【東京都 会社経営者 30代後半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は毎月1125ドル(約14万円)の海外積立投資を4本同

記事を読む

【第28回】 沖縄でのアーリーリタイアメントを目指してオフショア投資された事例です。【兵庫県 公務員 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は沖縄の公務員の方の事例をご紹介します。 沖縄と

記事を読む

【第12回】 私の野村證券時代のクライアントが元本確保型ファンド(オフショアファンド)に投資された事例です。【岐阜県 自営業 50代後半 男性】

こんにちは。河合です。   それでは今までオフショア投資をされている方の「投資事例

記事を読む

【第248回】2歳のお子さんの学資準備のためと、ご本人達の年金準備のために140%元本確保型海外積立投資を始められた事例です。【愛知県  管理栄養士 30代後半 女性】

こんにちは。河合です。本日は2歳になる2人のお子さんのための学資準備として海外積立投資を始められた事

記事を読む

【第287回】以前海外積立投資でアドバイザー変更してもらった方が、オフショア資産管理口座(USD30,000〜)からの一括投資も始められました。【大阪府 会社員 40代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日はUSD30,000から開設できるオフショア資産管理口座からオフショア投資

記事を読む

【第280回】9/1からのケイマン規制(オフショア資産管理口座)の前にUSD80,000(約900万円)を追加投資された事例です。【地方 自営業 60代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日は以前も本メルマガ事例でご紹介した方が、オフショア資産管理口座へUSD80

記事を読む

【第77回】私と同世代の女性医師が月100万円の海外積立投資を始められた事例です。【大阪府 医師 30代後半 女性】

こんにちは。河合です。 本日は私と同世代の女性医師が、月100万円を25年間の海外積立投資を始め

記事を読む

【第1回】オフショアファンドと国内ファンドの手数料の比較です。

はじめまして、河合です。   この度は、私の『オフショア投資メルマガ』にご登録いた

記事を読む

【第145回】独身時に入った生命保険を解約して、海外積立投資を始められた事例です。【愛知県 主婦 30代前半 女性】

こんにちは。河合です。 本日は独身時代かけていた日本の生命保険を止めて、海外の積立投資を始めら

記事を読む

【第157回】英語が話せなくてもHSBC香港口座を開設できた事例です。【東京都 会社員 30代後半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は最近厳しくなったHBSC香港の口座開設を、英語が話せなくても

記事を読む

  • 河合圭の無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
  • follow us in feedly
  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
PAGE TOP ↑