【第278回】2年前事例でご紹介した方が順調に1000万円ずつオフショア投資にまわしています。【広島県 開業医 50代前半 男性】

公開日: : 通常メルマガ(事例など)

こんにちは。河合です。


本日は2年前に、2億円の資産を国内投資されていて、そこから出てくる配当(年5%=1000万円)でオフショア投資していくという方が継続してされている事例をご紹介したいと思います。
投資スタイルは人それぞれでいいと思いますが、こういった計画性は皆さん必要になると思います。

※以前の事例紹介はこちら

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。


【広島県 開業医 50代前半 男性】


2012年からのお付き合いなので、もう5年になりますね。
早いものです。
けれどその間にも相場は動いていますし、オフショアファンドも順調に上がっているので、年7%の利回りだとしても(これがオフショアでは下限)、複利運用で40%はリターンが出てることになります。
1000万円だったら400万円、1億円だったら4000万円ですね。

この方も当時・・・

クレジットローンファンド:USD 50,000
(約600万円、年率平均リターン:13.13%、リスク:1.40%)
英国債券ヘッジファンド:USD 24,000
(約300万円、年率平均リターン:11.55%、リスク:5.83%)
グローバルマクロ戦略ファンド:USD 24,000
(約300万円、年率平均リターン:17.99%、リスク:13.31%)


とオフショア投資を始められ、そして今回・・・

英国介護不動産ファンド:USD102,000
(約1100万円、年率平均リターン:17.5%、リスク:1.74%)


へこの方のオフショア資産管理口座から追加投資されました。
ちょうどこのタイミングで先日緊急メルマガでお伝えした、ケイマン籍のオフショア資産管理口座からのオフショアファンド規制(8/1〜)のニュースがあったので、その前に投資できていて良かったです。

なおこのケイマン籍のオフショア資産管理口座からのオフショアファンド規制ですが、今のところまだ公式アナウンスがされていないので、まだ投資できます。
私も先月香港へ寄ってミーティングをしてきたのですが、現状としては・・・


・ケイマン金融庁が出した通知では、オフショア資産管理口座から投資できるファンドを何かしらの基準を設けて、厳選しなさい、というもの。
・UCITsだけにするかもしれないというのは、あくまでこのオフショア資産管理口座の運営会社の判断。
・ただこれもまだ正式に決まっているわけではなく、ケイマン籍(北南米の資金が多い)なのに、UCITsというヨーロッパ規格のファンドだけ投資できるようにするのも無理があるのでは?
・他にも3つほど国際規格があるので、その辺りも可能になるのでは?
・いずれにせよこれを決めて、実行するのに8/1は無理だったので、今後◯月◯日までの注文ならOKで、それ以降は〜という形で規制をする、という発表があるのでは?



というのが最新の情報です。
ということでUSD75,000(約830万円)から開設できるオフショア資産管理口座からの投資、まだ間に合います。

前回のメルマガ以降、8/1までに間に合わせるために、駆け込みで海外送金されてオフショアファンドへの注文を出す方が殺到しました(うちは創業以来最も忙しかった)。
オフショア資産管理口座を既に保有されていた方は追加投資ということで手続きも簡単でしたが、まだ口座すら持っていなくてどうしようか考えていた方は、そこから口座開設をしてそのご自身の口座へ送金をしてもらって、そこから注文ということで、結構バタバタしました。。

次の公式アナウンス来週で、実行は9/1だと言われています。
もしUSD75,000(約830万円)以上オフショア資産管理口座&オフショアファンドへの投資をご希望であれば、そうなる前に前もってこちらより私までご連絡いただき、口座開設をして、海外送金&注文を済ましておいてください。
(お問合せ内容に「オフショア資産管理口座開設希望」とご入力ください。)
※金額が決まっていたら、そちらもご記入ください。

オフショア資産管理口座を開設し、資金を入れた後何に投資するかは、私河合が個別にポートフォリオを組んでご提案しています。
ご連絡をいただいた方から順に対応しますので、少しお時間いただきます(ポートフォリオ作るの、まあまあ時間かかります)。

なお公式アナウンスがありましたら、本メルマガでお伝えします。

関連記事

【第16回】投資歴20年のベテランの方がオフショア投資を選ばれた事例です。【千葉県 会社員 50代前半 男性】

こんにちは。河合です。   今回はオフショアファンドをすでに何度も投資されている

記事を読む

【第30回】 最年少(22歳)の海外積立投資の事例です。【北海道 会社員 20代前半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は私のクライアントの中で、最もお若い方の事例をご紹

記事を読む

【第110回】 新しくなったオフショア資産管理口座を使った投資事例です(1000万円)。【大阪府 会社員 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。本日は子ども3人(大学生、高校生、中学生)を持った方が新しくなったオフショ

記事を読む

【第291回】2012年から海外積立投資でお付合いいただいている方が、USD50,000をオフショア資産管理口座経由でオフショアファンドへ投資されました。【山形県 会社員 50代後半 女性】

こんにちは。河合です。本日はUSD30,000から開設できるオフショア資産管理口座の開設事例です。色

記事を読む

【第169回】海外積立投資を一部売却し、そのまま直接オフショア資産管理口座へ移管後、年8%の世界学生寮ファンドへ投資された事例です。【千葉県 歯科医 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は海外積立投資を一部引出し(売却)、そのままオフショア資産管理

記事を読む

【第47回】元本確保型ファンドの事例です。【栃木県 退職者 60代前半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は今回新規募集があった元本確保型ファンドへ投資され

記事を読む

【第60回】スイスのプライベートバンクから9000万円を投資された事例です。

こんにちは。河合です。   本日はスイスのプライベートバンクから約9000万円を投

記事を読む

【第34回】野村證券のファンド(ブラジルレアル関連)について、ゴールド会員からの相談事例です。【愛知県 主婦 40代後半 女性】

こんにちは。河合です。   本日は主婦の方の事例をご紹介します。 この方は私のゴ

記事を読む

【第28回】 沖縄でのアーリーリタイアメントを目指してオフショア投資された事例です。【兵庫県 公務員 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は沖縄の公務員の方の事例をご紹介します。 沖縄と

記事を読む

【第9回】オフショアの「海外積立投資」の仕組みと国内の「るいとう(累積投資)」との違いです。

こんにちは。河合です。   それでは「海外積立投資」の仕組みをご説明します。 ま

記事を読む

  • 河合圭の無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
  • follow us in feedly
  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
PAGE TOP ↑