【第279回】月1200ドル(約13万円)の海外積立投資と約1000万円のオフショア投資を始められた事例です。【大分県 会社員 40代後半 男性】

公開日: : 通常メルマガ(事例など)

こんにちは。河合です。


本日は海外積立投資オフショア投資(一括投資)を始められた方の事例をご紹介します。
どっちの方がいいか?とたまに聞かれることがあるのですが、収入がある限りどちらもした方がいい、が答えです。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。


【大分県 会社員 40代後半 男性】


まず最初にいただいた投資ヒアリングシートの回答がこちらでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3年前に家を購入して、頭金を2/3以上入れて住宅ローン残800万有りますが、完済するより資産運用して15~20年後の老後資金に備えて、お金増やしたいです。今現在、300万を6.5%, 3年半満期の不動産投資(みんなで大家さん)し始めたばかりです。HI証券トルコ割引債10年満期200万。他に2年前に150万2.2%, 10年満期豪州ドル建て(アリコ保険年金型)に入ってます。他に1000万運用資金有ります。このまま行けば、年150万×15年=2250万+1000万(運用資金)=3250万老後資金ですが、希望5000~6000万用意したいのでアドバイスを宜しくお願い致します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こういった場合、お金を2つの色に分けて考えます。

1)収入から将来のために効率的に貯蓄する(積立)
2)今既に貯蓄してあるお金を増やす(一括)

です。
それぞれ見ていきたいと思います。


1)収入から将来のために効率的に貯蓄する(積立)
現在の収入からの余剰資金は年150万円ということなので、まずはこれを効率的に貯めて増やしていく事が必要になります。
これはもう皆さんご存知の通り国内外の金融商品を見ても海外積立投資がいいわけですが、2種類の選択肢があります。

・200本のオフショアファンドで運用できる海外積立投資
・160%元本確保型海外積立投資(20年満期)


ですが、仮に毎年150万円積立て(月約12.5万円)、20年後に160%を保証してもらったとして、3000万円積立たのが、4800万円になって返ってきます。

もう片方の海外積立投資で積立てた場合、満期時の額は運用次第ですが、現状弊社推奨ポートフォリオ年8.73%なので、同じく3600万円積立てたのが、20年後には8065万円となっています。なおそのまま25年後まで継続したら、1億3415万円になります(費用控除、各種ボーナス加算後)。


この方のご希望の場合、4800万円でもほぼ目標達成(他にも金融資産がありますから)なのですが、今回はもっと増える可能性のある、海外積立投資を選択されました。


2)今既に貯蓄してあるお金を増やす(一括)
この方が今現在保有されているものの現状と私からのアドバイスをまとめると・・・

みんなの大家さん(年6.5%、3年半満期):300万円
→日本の不動産は今が最も高く、今後2020年を前に下落することが予想される。円安も想定されるので、円資産ではなく外貨にしておきたい。

HI証券トルコ割引債(10年満期):200万円
→金利は高いけれど、それ以上に通貨下落リスクが高い。新興国通貨ではなく先進国通貨でこのくらいのリターンがあるといい。

アリコ豪ドル建て年金保険(年2.2%、10年満期):150万円
→豪ドル建てで10年満期で年2.2%というのはかなり低い金利。10年というのは大事な期間なので、できれば高い金利のものに変更。

預金:1000万円
オフショアファンドでリスクを落として外貨で運用。

ということで、この預金部分を今回ケイマン規制(9/1~)の前にオフショア資産管理口座から以下のファンドへ投資されることにされました。

森林ファンド:USD 23,000
(約250万円、年率平均リターン:12.64%、リスク:5.40%)
豪州不動産ローンファンド:USD 20,000
(約220万円、年率平均リターン:13.5%、リスク:NA)

英国介護不動産ファンド:USD 40,000
(約440万円、年率平均リターン:17.5%、リスク:1.74%)


仮にこの方がこのまま1000万円を年14%程度(今のポートフォリオ)で20年複利運用した場合、1億3743万円となります。
20年という期間中なにかお金が必要になることもあるかもしれませんが、その時は毎月売買できるこのオフショアファンドや上記他の国内資産を一部利益確定すればいいですよね。
いずれにせよ、本来おっしゃっていた5000~6000万円の老後資金にはだいぶ余裕のある運用ができています。


なおオフショア資産管理口座のケイマン規制ですが、次の公式アナウンス来週で、実行は9/1だと言われています。
USD75,000(約830万円)以上オフショア資産管理口座&オフショアファンドへの投資をご希望であれば、そうなる前に前もってこちらより私までご連絡いただき、口座開設をして、海外送金&注文を済ましておいてください。
(お問合せ内容に「オフショア資産管理口座開設希望」とご入力ください。)
※金額が決まっていたら、そちらもご記入ください。

オフショア資産管理口座を開設し、資金を入れた後何に投資するかは、私河合が個別にポートフォリオを組んでご提案しています。
ご連絡をいただいた方から順に対応しますので、少しお時間いただきます(ポートフォリオ作るの、まあまあ時間かかります)。

なお公式アナウンスがありましたら、本メルマガでもお伝えします。

関連記事

【第160回】8%固定金利ファンドと140%元本確保型積立投資を始められた例です。【千葉県 歯科医 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日はUSD 120,000(約1500万円)を年8%固定金利がつくオ

記事を読む

【第208回】香港渡航後、ポートフォリオ投資を実践された方の事例です。【愛知県 歩合制会社員 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。本日は香港でお会いしたクライアントがHSBC口座開設後、オフショア資産管理口座

記事を読む

【第151回】70代で米ドル建ての固定金利3.25%を1200万円された事例です。【東京都 年金受給者 70代前半 女性】

こんにちは。河合です。 本日は先日事例でご紹介した長野県開業医の方の叔母様が10万ドル(約

記事を読む

【第98回】 スイスのプライベートバンク同士の移管事例です。【東京都 会社役員 30代後半 男性】

こんにちは。河合です。先日、スイスのプライベートバンク担当者が来日する日程をご案内しましたが、今

記事を読む

【第121回】海外積立投資から140%元本確保型積立投資に乗換えられた事例です。【東京都 会社員 50代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は海外積立投資で積立をされていた方が、減額をして140%元本確保型

記事を読む

【第293回】スイスプライベートバンクからクレジットローンファンドへ投資された事例です。【兵庫県 開業医 60代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日はスイスプライベートバンク口座を開設して、クレジットローンファンドへ投資さ

記事を読む

【第166回】ハンセン銀行(香港)口座開設後、海外積立投資とオフショア投資を始められた事例です。【広島県 会社員 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は弊社のサポートによりハンセン銀行(香港)口座を開設されて、そ

記事を読む

【第192回】中国銀行&スタンダードチャータード銀行(中国)を開設された方の事例です。【東京都 自営業 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は香港やハワイの銀行ではなく、中国国内の銀行口座を開設された方の事例を

記事を読む

【第104回】30代独身女性の海外積立投資事例です。 【東京都 会社員 30代後半 女性】

こんにちは。河合です。本日は私の友人が海外積立投資を始めた例をご紹介します。独身の30代女性が世

記事を読む

【第278回】2年前事例でご紹介した方が順調に1000万円ずつオフショア投資にまわしています。【広島県 開業医 50代前半 男性】

こんにちは。河合です。本日は2年前に、2億円の資産を国内投資されていて、そこから出てくる配当(年5%

記事を読む

  • 河合圭の無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
  • follow us in feedly
  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
PAGE TOP ↑