【第69回】国内大手証券会社の関連会社を定年退職された方のオフショア投資事例です。【東京 退職者 60代前半 男性】

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 通常メルマガ(事例など)


こんにちは。河合です。

 

本日は某証券会社の関連会社を定年退職されオフショアファンドへ投資をされた事例です。

この方、つい先日証券会社の関連会社を定年まで勤めあげた後、すぐにオフショア投資をスタートされました。

 

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

 

 

【東京 退職者 60代前半 男性】

 

この方、IT関連会社ではありますが、日本国内の大手証券会社の関連会社で長年働かれていました。

つまり証券会社の中はよく見えますし、金融庁から決められている投資に関する社内ルールも適用となります。

社内ルールというのは、私が野村證券にいた時もそうですが、株式を購入しても一定期間売却ができない、など利便性を欠かれる縛りのことです。

ただ実際売買が普通にできたとしても、やはり業務が多忙で資産運用を考えるほどの余裕がなかったそうです。

定年までにされてきたのは、社内での積立だけでした。

 

定年後時間ができたものの、逆に日々減っていくのは資産。

これではダメだと思い、図書館で資産運用の勉強をしようと思ったところ、私の著書『資産運用で損をしたら読む本』を手にとっていただけたそうです。

この時点ではまだ資産運用で損をしたわけではないのですが(笑)、本を開いてもらえたということですね。

 

※資産運用で損をしたら読む本はこちら

 

ただやはり資産運用の本を読んでも、実際に自分でお金を使って投資をしてみないことにはわからない、というのが答えだったそうです(笑)。

しかしいざ証券会社のパンフレットを見てみると、「売り手」の意図する内容ばかりが目に入ってしまい、どの情報を使って客観的で正しい投資判断をしたらいいのかわからない、という状態でした。

そこでやはり我々のような投資のアドバイスを専門に行なっているところを使うことにしていただけた、ということですね。

 

この方もゴールド会員なので、月5,000円を払っていただいています。

年間6万円。10年の投資で60万円。

「決して安くはありませんが、投資の額を考えるとプロの支援を受ける必要経費」と結論付けていただけました。

 

※ゴールド会員詳細はこちら

 

オフショアファンドへは最終的に以下のように投資されました。

 

 

FX系ヘッジファンド:1000万円

コモディティ系ヘッジファンド:1000万円

ライフセトルメンツ:1000万円

英国学生寮ファンド:1000万円

 

 

リスクの高いものと低いものを併せ持って、バランス良いポートフォリオになっています。

 

そして今、スイスへ渡航しないでも3000万円から口座開設ができるプライベートバンク口座を作ろうとされています。

口座を開設した後、今ある資産をそちらへ移管して管理するということですね。

 

 

実はこの方、最初に事例紹介をお願いした時は「まだ投資を開始したばかりで結果が出ていないので」ということで断れてしまいました(笑)。

私がこの事業を開始してからはや丸4年が経ちますが、事例を断られたことが初めてでした。。

しかしある程度日数がすぎて、先方からこのような具体的な内容を改めてメールで頂戴し、この度皆さんにシェアすることができました。

 

私にとっては投資(資産運用)というのは本業ですし、大学の専攻でもありました。

大多数の皆さんにとってはまったくの畑違いのことだと思います。

しかし持っている金融資産(お金)というのは同じです。

それを活かし増やしていくのか、そのまま使い減らしていくのか、というだけの違いです。

活かすも殺すも皆さん次第ということですね。

関連記事

【第293回】スイスプライベートバンクからクレジットローンファンドへ投資された事例です。【兵庫県 開業医 60代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日はスイスプライベートバンク口座を開設して、クレジットローンファンドへ投資さ

記事を読む

【第30回】 最年少(22歳)の海外積立投資の事例です。【北海道 会社員 20代前半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は私のクライアントの中で、最もお若い方の事例をご紹

記事を読む

【第23回】 日本の税制を知り尽くした方の海外積立投資の事例です。【東京都 公認会計士・税理士 30代前半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は税理士(正式には公認会計士)の方の事例をご紹介し

記事を読む

【第121回】海外積立投資から140%元本確保型積立投資に乗換えられた事例です。【東京都 会社員 50代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は海外積立投資で積立をされていた方が、減額をして140%元本確保型

記事を読む

【第223回】社員の福利厚生で海外積立投資を社員全員分始められた事例です。【宮城県 開業医 60代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日は社員の福利厚生で海外積立投資を始められた事例をご紹介します。 福利厚生な

記事を読む

【第208回】香港渡航後、ポートフォリオ投資を実践された方の事例です。【愛知県 歩合制会社員 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。本日は香港でお会いしたクライアントがHSBC口座開設後、オフショア資産管理口座

記事を読む

【第268回】野村證券で運用されていた方が12万ドル(約1300万円)のオフショア投資を始められた事例です。【地方 自営業 60代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日は野村證券で運用されていた方がオフショア資産管理口座を作って、そこから12

記事を読む

【第152回】MRIインターナショナルに出資していた方が固い商品として選んだのが、海外積立投資でした。【東京都 パート社員 40代前半 女性】

こんにちは。河合です。 本日は以前MRIインターナショナルという完全なる詐欺商品に投資をし

記事を読む

【第42回】5000万円一括のオフショア投資の事例です。【北海道 会社経営者 60代前半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は地方にお住まいですが、海外の不動産を所有されてい

記事を読む

【第142回】2種類の海外積立年金を両方始められた方の事例です。【山口県 会社員 40代前半 女性】

こんにちは。河合です。本日は2種類の海外積立年金を時期をずらして両方された方の事例をご紹介します

記事を読む

  • 河合圭の無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
  • follow us in feedly
  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
PAGE TOP ↑