【第77回】私と同世代の女性医師が月100万円の海外積立投資を始められた事例です。【大阪府 医師 30代後半 女性】

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 通常メルマガ(事例など)


こんにちは。河合です。 本日は私と同世代の女性医師が、月100万円を25年間の海外積立投資を始められた事例です。

この方も私と同じく4年前ほど前に起業されたそうです。短い期間での大成功例ですね。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

 

【大阪府 医師 30代後半 女性】

この方は、東京にいる経営者で私のゴールド会員でもある方からご紹介いただきました。

ある時、急に私のiPhoneのコールがなり電話に出たところ、お二人が大阪で話をしていたところでした。

開業して4年。事業も順調で、今後も新しい病院をこのお二人で立ち上げようという景気ぶりです。

 

ただいざ資産運用は?となると、前回の方同様、何をしたらいいかわからない状態。

そこにたまたま知り合ったある外資系保険マンが勧めるまま長期の積立保険を始められたそうです。 しかもその額月100万円・・・。

 

ここはもう大丈夫ですね? 日本にある保険は日系だろうが外資系だろうが、増えるためのものでありません(たくさん日本国債が入ってます)。

自分に何かがあった時のためだけのものだと思ってください(それでも海外の保険の方が死亡保険金の額が多いですが)。

それでもなお年間の余剰資金が1600万円あるというのですから(もちろん税引き後)、スバラシイです。

若い時に苦労し努力するものです(とはいえ、私がそんな苦労話を聞いたわけではありませんがw)。

スタート地点は同じだったはずなのに、30代でこれだけ稼げる女性がいるのですから。

 

さてもうおわかりですね。 この方にとって向いていたのもやはり「海外積立投資」。

 

毎年収入がそれだけあるのですから、それを毎月必ず積立投資すると決めておいて、効率的にお金にも働いてもらおうということです。

この方、海外積立投資も月100万円をされたので、当然もらえるボーナス金利は5%。

要は毎月5万円。毎年60万円そこで更に収入ができるということです(笑)。

※ボーナス金利についての詳細はこちら

 

更にクレジットカード払いなので、そこでもマイル(ポイント)が貯まります。

マイルの還元率が仮に1%だったとして(カードによります)、毎年12万マイルが貯まります。

これだけあれば、毎年世界中の都市にビジネスシートで往復できます(笑)。

 

更に・・・クレジットカードの中で最もマイルを貯めやすいと言われるDiners Premium Card (通称:ブラックカード、招待制)であれば、このマイル還元率が2%になるので、毎年24万マイル。

 

更に更に入会特典でポイントが10倍ですから、年間240万マイル。 ここまで来るともう世界一周を簡単にできてしまいますね(汗)。

 

話がだいぶズレてしまいましたが(笑)、当然これだけ収入があるのですから、今までの貯蓄もあります。

 

そちらは初めての投資だったので、とりあえずということで・・・

英国学生寮ファンド:GBP 32,000(約500万円) コモディティ系ファンド:USD 30,000(約300万円) を投資されました。

 

しかし・・・ここでもまた問題になったのが、送金元銀行。

多くの経営者や事業主が使っている三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行は現在90%以上の確率で送金させてくれません。

 

あなたも余計なストレスと時間を避けるために、それ以外の銀行から送金してくださいね。

ゆうちょ銀行はまだ十分な海外送金システムがありませんので、citi bankや新生銀行、地銀などが一番です。

 

このように今後も破綻秒読みの日本国からの規制(というよりはただの無法圧力)が強くなっていくことは今の時流と言ってもいいでしょう。

 

私としてはそんな経費と時間があるのであれば、景気が良くなることを考えてほしいと思うのですが、それが何年、何十年たってもできないからこそ、日本の将来のなさが嫌でもわかるというものですね。

投資のリスク=リターンという問題もありますが、まずは日本から海外へ資金を移動させることを考えたほうがいいのかもしれません。

年何%稼ぐか?というのは、その次の話になると思います。 海外の口座関連はこちらをご参照ください。

※『海外口座開設入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

※『オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

※『スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

関連記事

【第153回】独身時に入った生命保険を解約して、海外積立投資を始められた事例です。【愛知県 主婦 30代前半 女性】

こんにちは。河合です。 本日は独身時代かけていた日本の生命保険を止めて、海外の積立投資を始

記事を読む

【第2回】オフショアファンドのパフォーマンス(運用成績)です。

こんにちは。河合です。   それでは皆さん一番関心の高いところの話をしましょう。

記事を読む

【第255回】投資資産の見直し(Hansard Aspire、田中貴金属、ブラジルレアル債ファンド、レジェンドイーグル)から、140%元本確保型積立投資を月20万円始められた事例です。【兵庫県 会社経営者 40代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日は現在投資中の資産(投資、保険)を全部伺った上で、私から見直しのご提案をし

記事を読む

【第21回】 お金のプロ(FP)が野村證券の取引をやめてオフショア投資をされた事例です。【神奈川県 ファイナンシャルプランナー(FP) 40代前半女性】

こんにちは。河合です。   本日はファイナンシャルプランナー(FP)の方の事例をご

記事を読む

【第157回】英語が話せなくてもHSBC香港口座を開設できた事例です。【東京都 会社員 30代後半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は最近厳しくなったHBSC香港の口座開設を、英語が話せなくても

記事を読む

【第12回】 私の野村證券時代のクライアントが元本確保型ファンド(オフショアファンド)に投資された事例です。【岐阜県 自営業 50代後半 男性】

こんにちは。河合です。   それでは今までオフショア投資をされている方の「投資事例

記事を読む

【第244回】ローリスク運用希望の退職者が追加投資した先が固定金利商品と元本確保型ファンドでした。【大阪府 年金生活者 60代後半 女性】

こんにちは。河合です。本日は会社を退職後、年金で生活されている方の事例です。この年令だと年金以上の収

記事を読む

【第57回】セミナー参加者のオフショア投資事例です。【東京都 勤務医 20代後半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は先日の弊社主催セミナーに参加された方のオフショア

記事を読む

【第133回】野村證券&生命保険(日本)からオフショア資産管理口座に移された事例です。【東京都 勤務医 50代後半 女性】

こんにちは。河合です。本日は野村證券でファンドを、日本の生命保険で保険をかけられていた方が、それ

記事を読む

【第192回】中国銀行&スタンダードチャータード銀行(中国)を開設された方の事例です。【東京都 自営業 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は香港やハワイの銀行ではなく、中国国内の銀行口座を開設された方の事例を

記事を読む

  • 河合圭の無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
  • follow us in feedly
  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
PAGE TOP ↑