【第157回】英語が話せなくてもHSBC香港口座を開設できた事例です。【東京都 会社員 30代後半 男性】

公開日: : 通常メルマガ(事例など)

こんにちは。河合です。


本日は最近厳しくなったHBSC香港の口座開設を、英語が話せなくても無事完了された事例です。
預金封鎖デノミ対策から海外口座を開設したいという方の参考になるかと思います。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。


【東京都 会社員 30代後半 男性】


今回HSBC香港の口座を開設するために、弊社の香港個人ツアーにお申込みいただき、弊社アドバイザーとともに口座開設に挑みました。

※香港個人ツアーの詳細はこちら

さて本日はご本人からメールで直接感想をいただいていますので、それをそのまま読んでいただこうと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あらためて口座開設のサポートありがとうございました。
また、お陰様でネットバンキングのアクティベーションも完了し、
大変感謝しております。

自分の場合は英語力がほとんどないため、最悪の場合開設が
できない可能性もあることを覚悟して臨みましたが、幸運にも
2件目でHSBCに口座を開設することができました。

話には伺っていたものの、1件目の本店と2件目の支店では
天国と地獄との差があるくらい対応が異なり、本当に担当者
ベースでこうも変わるものかと思いました。

2件目の担当者が親日家で本当にラッキーでした。
準備していた英文のステートメントも確認しませんでしたし、
実質1時間程度で終了したので少し拍子抜けしました。

ただ、これは本当に運で、1件目の本店ではアドバイザーの
同席すら許されない状況でしたので、かなりの英語力がないと
自力では無理ということを思い知らされました。

また、仮に英語力があっても、口座開設後の香港でのATMでの
暗証番号変更や帰国後のネットバンキングへのアクティベーション
など、日本の銀行では行わない手続きが多く、やはりアドバイザーの
サポートがないとスムーズに対応できないと思いました。

せっかく香港まで出向いて口座開設したので、あとは口座凍結
にならないようなアドバイスをいただけると助かります。

この口座は現在積み立てているオフショアファンドの解約時の
の一時預かり先として、また、海外旅行時に使用するメインバンク
として活用したいと思います。

このたびは本当にお世話になりました。
今後ともよろしくお願いします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは正直運もありますが、もしダメだったらハンセン銀行で開設をしていただこうと思っていました(結局は商業銀行なのでどちらも大差ない)。
結果的に無事HSBCに口座開設ができたので、良かったですね。

現在、日本人の海外への資金逃避が富裕層を筆頭に加速しています。
日本の政府も焦っていますが、それを受ける香港の銀行も対応を厳しくしています。

香港以外では、私が今いるハワイは日本語対応で簡単に口座開設ができます。
必要な書類はパスポートのみです(住所証明も要りません)。

対してマレーシアは現地居住者にしか口座開設をしてくれません。
といってもマレーシアの銀行口座を持ってもリンギット建て(現地通貨)しかないので、使い道がないですが(笑)。

日本の預金封鎖、デノミ対策であれば、とりあえず香港のどの銀行でもいいですし、ハワイ(米国)の銀行でも大丈夫です。
まずは動くことが大事ですね(現地へ行かないと口座開設はできません)。

今香港にいる弊社のアドバイザーはビジネスの都合上、今年中にハワイへ移ります。
香港口座を開きたい方は、今のうちに下記お問合せよりご連絡ください。
ハワイの口座もいつでもご紹介します。
(お問合せ内容に「香港orハワイ口座開設希望」とご入力ください。)

料金は一律1万円
渡航費、ホテルは自己負担。
コーポレートレートでホテルをアレンジできるので、ご希望であれば私までご相談ください。

関連記事

【第133回】野村證券&生命保険(日本)からオフショア資産管理口座に移された事例です。【東京都 勤務医 50代後半 女性】

こんにちは。河合です。本日は野村證券でファンドを、日本の生命保険で保険をかけられていた方が、それ

記事を読む

【第186回】2億円の国内資産(株、投資信託)から出た配当を1000万円単位で海外のヘッジファンドへ投資されている事例です。【広島県 開業医 50代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は日本国内で2億円の資産を株やファンドへ投資していて、そこから出てく

記事を読む

【第9回】オフショアの「海外積立投資」の仕組みと国内の「るいとう(累積投資)」との違いです。

こんにちは。河合です。   それでは「海外積立投資」の仕組みをご説明します。 ま

記事を読む

【第146回】デノミ対策のために海外積立投資を始めた事例です。【東京都 会社経営者 50代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日からは東京に何店もアパレルショップを経営している経営者の方がデノミ

記事を読む

【第247回】弊社パートナーからの紹介で、現在9億円の不動産投資をされてる方がオフショア投資を始められた事例です。【東京都  医師 40代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日も弊社パートナーからの紹介事例です。今回はなんと不動産投資で既に9億円の投

記事を読む

【第229回】スイス在住フランス人(奥様日本人)の海外積立投資事例です。【スイス 会社員 30代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日は海外居住者の海外積立投資事例です。 申込はフランス人であるご主人(スイス

記事を読む

【第54回】ゴールド会員の相談事例です。【東京都会社職員 50代前半ご夫婦】

こんにちは。河合です。   本日はゴールド会員の方のオフショア投資の事例をご紹介し

記事を読む

【第18回】オフショア投資の事例です。 【東京都不動産経営者 70代前半男性】

こんにちは。河合です。   本日は私のクライアントの中で最もご高齢の方の事例をご

記事を読む

【第120回】海外積立投資を使って相続対策をされた事例です。【東京都 勤務医 50代後半 女性】

こんにちは。河合です。本日は海外積立投資を使って相続対策をされた事例をご紹介します。海外のものは

記事を読む

【第12回】 私の野村證券時代のクライアントが元本確保型ファンド(オフショアファンド)に投資された事例です。【岐阜県 自営業 50代後半 男性】

こんにちは。河合です。   それでは今までオフショア投資をされている方の「投資事例

記事を読む

  • 河合圭の無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
  • follow us in feedly
  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
PAGE TOP ↑