【第85回】年率平均18%の利回りのクレジット・ローンファンド

公開日: : 最終更新日:2015/10/13 号外メルマガ(個別オフショアファンド情報)

それでは先日の新春セミナー『最新オフショアファンド20本一挙ご紹介』でご紹介した中で人気のあったファンドの続きです。

 

※新春セミナー視聴はこちら(980円)

 

本日はミドルリスク=ミドルリターンのファンドをご紹介します。

まずは数字を見ていただきましょう。

 

2010年4月:1.89%
2010年5月:2.06%
2010年6月:2.31%
2010年7月:1.87%
2010年8月:1.24%
2010年9月:1.94%
2010年10月:1.21%
2010年11月:3.83%
2010年12月:1.00%
——————
2010年計:18.71%

2011年1月:1.61%
2011年2月:0.71%
2011年3月:2.43%
2011年4月:0.78%
2011年5月:1.40%
2011年6月:1.27%
2011年7月:0.65%
2011年8月:2.47%
2011年9月:1.31%
2011年10月:2.18%
2011年11月:0.52%
2011年12月:1.44%
——————
2011年計:18.09%

2012年1月:1.65%
2012年2月:0.99%
2012年3月:1.21%
2012年4月:1.63%
2012年5月:1.44%
2012年6月:0.81%
2012年7月:1.56%
2012年8月:1.19%
2012年9月:1.00%
2012年10月:1.10%
2012年11月:1.13%
2012年12月:1.24%
——————
2012年計:16.01%

2013年1月:1.15%
2013年2月:1.14%
2013年3月:0.96%
2013年4月:1.19%
2013年5月:1.27%
2013年6月:1.05%
2013年7月:1.16%
2013年8月:0.86%
2013年9月:1.19%
2013年10月:0.85%
——————
2013年計:11.36%

 

設定来の年率平均リターンは+18.03%

年率平均リスク(標準偏差)が2.10%なので、これまたミドルリスクというよりもローリスク=ミドルリターンのファンドですね。

 

※年率平均リターンと年率平均リスク(標準偏差)についてはこちら

 

投資戦略ですが、このファンドは企業に貸付をし、そのローン金利がファンドのリターンとなります。

主な投資先国はこちら。

 

米国:77.78%

EU圏:12.50%

カナダ:6.94%

オーストラリア:2.78%

 

投資セクターは13もの様々なセクターです。

最も比重が多いので医療関連の18.06%です。

企業に貸付をするという点では、以前ご紹介したブリッジローンファンドに似ていますが、ブリッジローンは比較的住宅ローンに重点を置いています。

また短期資金(3ヶ月など)の橋渡しであるブリッジローンに比べ、今回のファンドは1~2年単位の貸付になります。

 

※ブリッジローンファンドについてはこちら

 

本来、企業が借入を行う際には、銀行を使うのが通常です。 その方が金利が低い(各国政策金利が0に近いので)ですから、当然そうしたいところです。

しかし担保設定が足りなかったり、事業の将来性を見出すことができない銀行(そんなノウハウはない)から資金を調達できる会社ばかりではありません。 銀行は雨の日には傘を貸さず、晴れの日に傘を貸すビジネスですからね(笑)。

そこでVC(ベンチャーキャピタル)の出番です。

彼らは将来性のある有望な投資先であれば、自分たちの資金を投下し、IPO(株式上場)をさせリターンをあげます。

このファンドはそこまで中長期的戦略は取りませんが、同様に将来性のある会社を見極め中期(1~2年)での貸付をします。

この金利が12~14%と銀行よりも高いわけですね(それだけ銀行よりもリスクを取っているということ)。

貸付の満期を迎え、金利分と貸付資金を問題なく回収できた後、変わらず将来性があるようであれば再度投資をします。

このリピート率が50%以上とのことです。

こちらもまた株式市場や債券、コモディティマーケットとは相関関係のない市場に投資をしているオルタナティブ(代替投資)です。

 

※オルタナティブ(代替投資)についてはこちら

 

こうしたファンドは一言で言うと、それだけファンドマネージャー(チーム)の腕がいいか?で決まります。

腕がいいかどうかは・・・過去の数字を見れば一目でわかりますね。

それではこのファンドの諸条件です。

 

最低投資金額:USD 100,000(約1000万円)

通貨:USD、EUR、GBP

購入手数料:5%

解約手数料:0%

売買:毎月

戦略:クレジットローン(貸付)

(直接投資可、オフショア資産管理口座可、スイスプライベートバンク可)

 

このオフショアファンド資料をご希望であれば、いつものようにこちらよりご連絡ください。

(お問合せ内容に「クレジットローンファンド資料希望」とご入力ください。)

関連記事

【第240回】オプション・プレミアムと株の配当だけで7.33%の金利をもらいながら米国株へ投資するオフショアファンドです。

こんにちは。河合です。本日は新しいオフショアファンドのご紹介です。金利を取りながら、株式投資(米国株

記事を読む

【第109回】140%元本保証で毎月2万円を15年間積立てましょう(360万円→504万円)。

こんにちは。河合です。本日はまとまった額を投資する話ではなく、毎月少しずつ(最低2万円)を積立投

記事を読む

【第59回】400万円からライフセトルメンツファンドに投資できるようになりました。

先月ご紹介したライフセトルメンツファンドの最低投資金額がUSD 150,000(約1500万円)

記事を読む

【第196回】年率平均リターン20.83%のヘッジファンド型元本確保型ファンドの急募です。【募集期間:〜2/5(金)】

こんにちは。河合です。 本日は皆さん待ちに待った「ヘッジファンド型元本確保型ファンド」の募集のお知

記事を読む

【第63回】海外積立投資を社員の福利厚生で利用する方法です。

こんにちは。河合です。   本日はいつもの海外積立投資を福利厚生で使おうという話で

記事を読む

【第36回】ライフセトルメンツファンドのボーナスキャンペーン

こんにちは。河合です。   本日はいつもの事例の中でも出てきたライフセトルメンツの

記事を読む

【第144回】今話題の訴訟ファンドの機関投資家クラスに120万円から投資をしよう。<買付期間:4月24日まで>

こんにちは。河合です。 本日は新しいオフショアファンドのご紹介です。 先日ロンドン出張の際、

記事を読む

【第49回】140万円から投資できる英国学生寮ファンド

2012年、弊社で1番人気だった英国学生寮ファンドが最低投資額を引き上げると発表しました。

記事を読む

【第161回】投資を始めるなら損失ゼロの元本確保型ファンドで投資をしましょう。

こんにちは。河合です。 本日は投資が初めてという方向けの投資商品をご紹介します。 最も大

記事を読む

【第168回】37ヶ月中、33勝(4回しかマイナス月がない)債券ヘッジファンドをご紹介します。

こんにちは。河合です。 本日は弊社で2番目に人気のあるヘッジファンドのご紹介です。 毎月

記事を読む

  • 河合圭の無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
  • follow us in feedly
  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
PAGE TOP ↑