【第143回】合計5300万円をオフショア投資されている方の事例です。【滋賀県 住職 40代前半 男性】

公開日: : 通常メルマガ(事例など)


こんにちは。河合です。


本日は合計約5300万円をオフショア投資されている方の事例です。
今回、スイスプライベートバンクと迷って、結局オフショア資産管理口座を開設されました。

※『オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。


【滋賀県 住職 40代前半 男性】


この方、いきなり5300万円を海外に送金されたわけではありません。
元々は2年ほど前500万円を投資されたのをはじめに、徐々に多くなっていって、更に円安ドル高もあり5300万円をオフショアで投資するまでになりました。

銘柄数にして6個のファンド。
そろそろバラバラで管理するのも大変になってくる頃ですね(笑)。
海外でも一括で管理できる口座を持ちたいということになり、スイスのプライベートバンカーと面談し、オフショア資産管理口座を比較検討し、最終的にはオフショア資産管理口座を選ばれました。

ポイントは色々あったかと思いますが、


・スイスのプライベートバンクは5000万円から開設できるとはいえ、やはり1億円以上を最低基準とした顧客対象のサービスだから。
・オンライン画面でできることや見やすさ(日本語)が優れている。
・積立投資のオンラインシステムと連動していて、一つの画面で一緒に管理できる(この方は併行して毎月1125ドル×25年の積立投資をしている)。



というところでしょうか。

次回はハワイでお会いします。
今度は死亡保障が目的の米国の生命保険ですね。

今あるまとまった資産の運用「オフショアファンド」で。
将来の年金準備「海外積立投資」で。
万が一の死亡保障「米国生命保険」で。
当然海外であれば預金封鎖対策もできていますし、すべて外貨で保有しているので円安対策、デノミ対策もできています。

明らかに起こりうる問題は事前に解決しなければいけません。
そしてその解決策はちゃんと揃っています。
あとは行動するだけ。
行動しなければ、人生後悔だけが後に残ります。

次はハワイ個別ツアーと米国生命保険の事例をご紹介しますね。

関連記事

【第69回】国内大手証券会社の関連会社を定年退職された方のオフショア投資事例です。【東京 退職者 60代前半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は某証券会社の関連会社を定年退職されオフショアファ

記事を読む

【第160回】8%固定金利ファンドと140%元本確保型積立投資を始められた例です。【千葉県 歯科医 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日はUSD 120,000(約1500万円)を年8%固定金利がつくオ

記事を読む

【第4回】いつでも投資できるオフショアファンドをご紹介します。

こんにちは。河合です。   それではいつでも投資できるオフショアファンドをご紹介し

記事を読む

【第76回】私と同い年(33歳)の経営者が月50万円(25年)の海外積立投資を始められた事例です。【東京 経営者 30代前半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は私と同い年(33歳)の経営者が、月50万円を25

記事を読む

【第226回】新しいオフショア資産管理口座(USD30,000)を使ってFXヘッジファンドへ投資された事例です。【大阪府 会社員 40代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日ご紹介する方も2度目のご登場。 以前、海外積立投資を他社から弊社K2へ移管

記事を読む

【第45回】元本確保型ファンドの事例です。【福岡県 会社員 50代後半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は元本確保型ファンドへ投資された方の事例をご紹介し

記事を読む

【第185回】弊社セミナー参加後、海外積立投資を始められた事例です。【東京都 会社員 30代後半 男性】

こんにちは。河合です。 先月(2015.10)の弊社セミナーに参加し、海外積立投資を始められた方

記事を読む

【第23回】 日本の税制を知り尽くした方の海外積立投資の事例です。【東京都 公認会計士・税理士 30代前半 男性】

こんにちは。河合です。   本日は税理士(正式には公認会計士)の方の事例をご紹介し

記事を読む

【第244回】ローリスク運用希望の退職者が追加投資した先が固定金利商品と元本確保型ファンドでした。【大阪府 年金生活者 60代後半 女性】

こんにちは。河合です。本日は会社を退職後、年金で生活されている方の事例です。この年令だと年金以上の収

記事を読む

【第7回】スイスのプライベートバンクをご紹介します。

こんにちは。河合です。   それではスイスのプライベートバンクをご説明します。前回

記事を読む

  • 河合圭の無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
  • follow us in feedly
  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
PAGE TOP ↑