【第1回】オフショアファンドと国内ファンドの手数料の比較です。

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 通常メルマガ(事例など)

はじめまして、河合です。

 

この度は、私の『オフショア投資メルマガ』にご登録いただき、ありがとうございます。

このオフショア投資メルマガでは、

 

「オフショア投資に興味はあるけど、漠然としていてよくわからない」

「実際にどんなものがあるのか見てみたい」

「実際の投資するときの実務は?」

 

など、皆さん共通に持たれる疑問を解消すると共に、『オフショア投資』というのが、そんな難しいことではなく、誰でもしようと思えばできることだということをわかってもらうため、私もできるだけわかりやすく書いています。

 

そう、まず私がどんな人間なのかを話しておかなければいけませんね。

いろいろなところでプロフィールを出しているので、すでに私のことはご存知かもしれませんが、ちょっとだけ自己紹介させてください。

 

私は東京の大学を出て、中国へ留学して、野村證券へ入り、もう一つオフショア系プライベートバンクを経て、今に至ります。

 

歳は30歳(2010年現在)、資産運用アドバイザーの経験はありますが、M&Aやファイナンス(資金調達)などの経験はありません。

企業の運用もアドバイスしてきましたが、ほとんどのクライアントが個人投資家です。

 

個人投資家は今ま6000人はアドバイスしてきました。

僕を介して投資してもらった金額は大体80億円くらいなので、30歳前半のアドバイザーではそれなりに多いと思います。

クライアントは、投資初心者、投資上級者、オフショア投資マニア、経営者、ドクター、会社員、士業、主婦など様々ですが、デイトレーダーやFXトレーダーにはアドバイスしていません。

趣味は、クルージング、スキューバダイビングなど、世界のいろんなところでしています。

起業時は生後10日からチワワを飼っていましたが、今は健康的に大きくなって、フランスの弊社オフィスに住んでいます。

 

あまり僕の宣伝ばかりしても退屈だと思うので、さらに詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

 

では、まず最初の質問にいきましょう。

 

「オフショア投資とはなんですか?」

 

この質問を必ず一番初めにいただきます。

この答えとして、私なりにわかりやすく『オフショア投資入門書』を作りましたので、ぜひダウンロードしてみてください。

もちろん無料です。

ではよくお問合せでいただくご質問を皆さんと共有したいと思います。

 

「オフショアファンドは日本の金融機関で買うファンドに比べて、実際どのくらいコストがやすいのか?」

 

例えば、こちらのファンドをご覧ください。

(フラッシュで少し重いです)

 

こちらのサイトはカスタマー登録をしないと、ログインすることができませんが、このWinton Capital社のWinton Futures Fundは一つのオフショアファンドです。

しかし三菱UFJ証券でも販売されています。

 

※三菱UFJ証券のWintonはこちら

 

この二つのファンドの手数料の差を調べたところ、年間の管理費が約1.5%ほどオフショアファンドの方が安いです。

この差は同様のファンドであれば、もちろんなくてもいい手数料です。

 

ではこの手数料の差はどこから来るのでしょう?

『オフショア投資入門書』にも書いていますが、日本で募集する際の人件費、日本語目論見書、資料の印刷代などです。

もちろんどんなファンドかちゃんとわかるまでは、そういった資料は必要でしょう。

しかしもう十分わかってる方からすれば、「手数料が安い方がいい」のです。

 

あなたは英語ができますか?

「いいえ(NO)」と答える方が多いです。

どれだけ勉強しても、自信持って「はい(YES)」と言える方はなかなかいません。

ましてやファンド関連の資料を英語で読もうと思うと、専門用語のオンパレードです。

そんなの100%わかるわけがありません。

 

ではあなたは証券会社でファンドを購入する時に、日本語で訳された目論見書を読みますか?

99%の方は「いいえ(NO)」と答えるでしょう。

あんな複雑な文章、日本語で読んでも理解できません(もちろん我々プロは理解できますよ)。

そもそも証券会社は、顧客が読むことを前提に作っているわけでもありません。

 

そんなものに毎年1.5%も余分に払いますか?

その答えも「いいえ(NO)」と答える方が多いでしょう。

あとはこの事実を知っているか知らないかの違いです。

 

今日はコスト(費用)の違いについてご紹介しました。

次回は気になる「パフォーマンス(運用利回り)の違い」をご紹介したいと思います。

 

 

※本メルマガ登録(無料)はこちら

 

関連記事

【第12回】 私の野村證券時代のクライアントが元本確保型ファンド(オフショアファンド)に投資された事例です。【岐阜県 自営業 50代後半 男性】

こんにちは。河合です。   それでは今までオフショア投資をされている方の「投資事例

記事を読む

【第309回】海外積立投資を3本されている方が『海外個人年金』(10-10プラン、60-90プラン)を新たに始められた3つのポイントとは?【大分県 会社経営者 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。本日も今年年末までに販売停止となる海外個人年金の事例をご紹介します。今回の方は

記事を読む

【第171回】香港個人ツアー、ハンセン銀行口座開設事例です。【埼玉県 自営業 50代後半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は香港へ渡航されてハンセン銀行の口座を開設された事例をご紹介します

記事を読む

【第225回】以前オフショア投資&海外積立投資をされた方が140%元本確保型積立投資を追加で始められた事例です。【東京都 司法書士 30代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日ご紹介する方は2度目のご登場。 以前オフショア投資(3600万円)と海外積

記事を読む

【第268回】野村證券で運用されていた方が12万ドル(約1300万円)のオフショア投資を始められた事例です。【地方 自営業 60代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日は野村證券で運用されていた方がオフショア資産管理口座を作って、そこから12

記事を読む

【第267回】海外積立投資のアドバイザー変更と3000万円の相続資金を使ってオフショア投資された事例です。【大阪府 会社員 50代前半 女性】

こんにちは。河合です。本日は弊社大阪セミナー参加後、・他社からの海外積立投資のアドバイザー変更・元本

記事を読む

【第317回】海外仕組債の早期償還の結果&その後投資された先とは?【東京都 教職員 50代後半 女性】

こんにちは。河合です。本日は弊社とのお付合い4年目の教職員の方が、以前投資された海外仕組債が送金償還

記事を読む

【第271回】スイスプライベートバンクを開設し、1.1億円ファンド移管&新規投資された方の事例です。【長野県 塾講師 50代前半 男性】

こんにちは。河合です。本日はスイスプライベートバンクの口座開設と1億円のオフショア投資事例をご紹介し

記事を読む

【第307回】海外積立投資のアドバイザー変更後、年内販売停止の海外個人年金契約のために香港へ行かれました。【福岡県 経営者 60代後半 女性】

こんにちは。河合です。本日は今年年末までに販売停止となる海外個人年金の事例をご紹介します。この方は元

記事を読む

【第319回】海外仕組債の満期償還の方の乗換事例2。【熊本県 会社員 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。本日は先日のメルマガに引き続き、海外仕組債が満期を迎えた際の乗換事例をご紹介し

記事を読む

  • 河合圭の無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
  • follow us in feedly
  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
PAGE TOP ↑