【第268回】野村證券で運用されていた方が12万ドル(約1300万円)のオフショア投資を始められた事例です。【地方 自営業 60代後半 男性】

公開日: : 通常メルマガ(事例など)

こんにちは。河合です。


本日は野村證券で運用されていた方がオフショア資産管理口座を作って、そこから12万ドル(約1300万円)のオフショア投資を始められた事例をご紹介します。
日本では何に投資していて、海外では何に投資されたのかなど、皆さんの参考になると思います。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。


【地方 自営業 60代後半 男性】


まず日本の野村證券でどのようなファンドで運用していて、それに対して私がどのようにアドバイスをしたかを見てください。


<日本企業価値向上ファンド>約350万円
→株式投資で同様のリスクを取るのであれば、米国株へ投資をした方がいいと思うので、こちらは売却をオススメします。

<野村グローバルAI関連株式ファンド> 約300万円
→テーマとしては理解できるのですが、まだこの分野は投資段階で実績が出てそれが株価に反映されるのは少なくとも3年以上先だと思います。それまで変わらずこのファンドを持ち続けるのか?ですね。

似たような考えであれば、こちらのようなシリコンバレー企業へ投資をした方がよっぽど今すぐリターンを得ることができますし、今後も確実に成長していくものと思います。

-Apple
-Google(Alphabet)
-Amazon 
-Facebook

<野村インド株投資> 約400万円
→インド株も今後上昇していくと予想していますが、ボラティリティ(上下のブレ)の大きい資産なので、売却のタイミングを気をつけておいてください。

<東京海上J−REIT投信(米ドル)> 約200万円
→こちらもREITとはいえど株式資産なので、上記同様米国株か米国REITをオススメします。

<野村ファンドラップ(やや積極型)> 約550万円
→ファンドラップは手数料が

・一任勘定
・ファンド手数料

とダブルにかかるくせに、中にあるのはどうでもいいコピーファンドばかりです。ご存知だと思いますが、日本のアクティブファンドのうち8割はベンチマーク(同等資産のインデックス)に負けている状態なので、それにこれだけ高い手数料を払うのは正直もったいないと思います。よっぽどS&P500(米国株インデックス)だけに投資をしておいた方がリターンが出ると思いますし、更にそれを海外では満期時(6年後)に100%の元本確保をつけた上で投資することもできます。

<豪ドル毎月分配型(るいとう)> 約400万円
→豪ドル債も昔ほど金利がつかなくなってしまいました。毎月分配で出してる分はタコ足なので(累積投資型もタコ足で出した後同じファンドを買い付けてるという仕組みです)、分配金の大小ではなくそれを込の基準価額が上がってるかどうか?で投資判断をしてください。こちらもご記述の5%とは程遠い状態だと思うので、見直してもいいですね。

<フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド> 約100万円
→USハイボはまだ調子良く推移すると思います。



そしてそもそもこのようなリスクの高い運用をする必要があるのか?したいのか?というところの確認をしたところ、


現在1人で建築の設計事務所を開いていて自営で働いております。体を使う仕事でないので今後75歳までは現役で仕事をすることを目標として働いており、生活資金は仕事の収入から得るもので十分です。今している投信は家族に遺産として残したいと思い始めましたので今どうしても投信の資金を動向しようとは考えておりません。でもやはり運用する資金は増やしていきたいと思いますので、ご指導のほどよろしくお願いします。


ということでしたので、10年という長期投資でリスクの高い運用を控え、目標リターン10%でオフショアファンドからポートフォリオを組むご提案をしました。
その結果、投資されることにしたのが、


クレジットローンファンド : USD 50,000
森林ファンド : USD 24,000
英国債券ヘッジファンド : USD 24,000
7.5%固定金利海外仕組債:USD20,000 
※こちらは募集終了。現在の募集要件はこちら(7.35%固定金利)



オフショア資産管理口座を作ってそこから投資されました。
これで年12.79%平均リターン3.12%平均リスクとなっています。

あとはまだ10年お勤めということだったので、その間は余剰資金からも積立をしておけるといいですね。
6/1から新しく10年後に元本100%を保証してもらった上で、S&P500へ投資できる100%元本確保型海外積立投資もできました。
今後10年間日本も金利がつくことはないでしょうから、同じ金利をつかない状態を最低リスクとして、年7~10%の平均リターンのあるS&P500へ投資しておけば、10年後に結構増えた年金原資となっていることでしょう。

この辺りのオフショアファンドと元本確保型海外積立投資も次の東京セミナーでまた詳しくお話します。

関連記事

【第160回】8%固定金利ファンドと140%元本確保型積立投資を始められた例です。【千葉県 歯科医 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日はUSD 120,000(約1500万円)を年8%固定金利がつくオ

記事を読む

【第146回】デノミ対策のために海外積立投資を始めた事例です。【東京都 会社経営者 50代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日からは東京に何店もアパレルショップを経営している経営者の方がデノミ

記事を読む

【第169回】海外積立投資を一部売却し、そのまま直接オフショア資産管理口座へ移管後、年8%の世界学生寮ファンドへ投資された事例です。【千葉県 歯科医 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は海外積立投資を一部引出し(売却)、そのままオフショア資産管理

記事を読む

【第282回】以前海外積立投資をされた方が、今回日本株資産と円資産を手仕舞いし、オフショア資産管理口座を開設し、外貨建てのオフショアファンドへ切り替えた事例です。【東京都 会社員 30代後半 男性】

こんにちは。河合です。本日は今年ここまで好調だった日本株資産をこの機に利益確定し、その分を海外資産へ

記事を読む

【第199回】世界的株安のこのタイミングで、140%元本確保型海外積立投資を増額された事例です。【山口県 会社員 40代前半 女性】

こんにちは。河合です。 本日は以前も本メルマガでご紹介した方が、更に海外積立投資を増額された事例

記事を読む

【第93回】スイスのプライベートバンク口座を開設し、1億円投資された事例です。【愛知県&シンガポール 経営者 50代 ご夫婦】

こんにちは。河合です。 本日はスイスのプライベートバンクを開設して、オフショアファンドへポート

記事を読む

【第116回】 海外在住の方が海外積立投資を始められた事例です。【台湾 会社員 30代後半 女性】

こんにちは。河合です。本日は海外(台湾)に住む日本人が、満期時(15年後)140%保証の海外積立

記事を読む

【第155回】ネット証券(信用取引)で数千万円損失した後オフショア投資を始められた事例です。【佐賀県 会社役員 60代前半 女性】

こんにちは。河合です。 本日は日本のネット証券の信用取引で数千万円を損失してしまい、残った

記事を読む

【第110回】 新しくなったオフショア資産管理口座を使った投資事例です(1000万円)。【大阪府 会社員 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。本日は子ども3人(大学生、高校生、中学生)を持った方が新しくなったオフショ

記事を読む

【第117回】50代後半の方が15年の海外積立投資を始めた事例です。【岐阜県 退職者 50代後半 男性】

こんにちは。河合です。 本日は50代後半で退職(リタイア)された方が、満期時(15年後)140

記事を読む

  • 河合圭の無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
  • follow us in feedly
  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
PAGE TOP ↑